横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke

『横道世之介』(よこみち よのすけ : A story of Yonosuke)は、吉田修一による日本の小説の映画化。バブル期の東京を舞台に、長崎から上京してきた大学生・横道世之介が様々な人々と出会い関わっていく青春小説。主人公・横道世之介役の高良健吾と、ヒロイン与謝野祥子役の吉高由里子の2人は2008年公開の映画『蛇にピアス』以来5年ぶりの共演となる。監督は『南極料理人』、『キツツキと雨』の沖田修一。

 ・ amazon : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ amazon prime : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ Hulu : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ U-NEXT : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ dTV : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ GYAO : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ Google Play : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke
 ・ Youtube : 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke

横道世之介 (2013) / A Story of Yonosukeのあらすじ

1987年。長崎の港町生まれの18歳、横道世之介(高良健吾)は大学進学のために上京。人の頼みを断れないお人好しな彼だったが、嫌みのない図々しさが人を呼び、倉持一平(池松壮亮)や加藤雄介(綾野剛)、そしてガールフレンドの与謝野祥子(吉高由里子)たちと共に大学生活を過ごしていた。やがて世之介に起こったある出来事から、その愛しい日々と優しい記憶の数々が呼び覚まされていく……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye

  2. パレード (2010) / Parade

  3. 悪人 (2010) / Villain

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。