陽気なギャングが地球を回す (2006)

『陽気なギャングが地球を回す』は、 前田哲監督の映画作品。奇妙な特技を持った4人の男女が出会い、銀行強盗を重ねる姿をスタイリッシュに描く。伊坂幸太郎の小説を原作のベースのしており、成瀬と雪子の恋愛要素があるなどストーリーが原作と異なる。 上映時間は92分。
監督:前田哲
キャスト:大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香

 ・ amazon : 陽気なギャングが地球を回す (2006)
 ・ amazon prime : 陽気なギャングが地球を回す (2006)

 ・ Hulu : 陽気なギャングが地球を回す (2006)

 ・ Youtube : 陽気なギャングが地球を回す (2006)

陽気なギャングが地球を回す (2006)のあらすじ

他人の嘘がわかってしまい人と距離を置く、成瀬(大沢たかお)。コンマ一秒まで正確に時と刻む体内時計を持つ、自動車教習所の教官・雪子(鈴木京香)。口から生まれてきたようないい加減な理屈をこねる演説の達人かつ自称ロマンを追い求める夢追い人・響野(佐藤浩市)。そして、大学生であり、生まれついての若き天才スリ師・久遠(松田翔太)。それぞれ実生活では全く役に立たない能力を持つ4人。彼らは偶然、混雑する銀行に居合わせ、銀行員による自作自演の強盗計画をそれぞれの能力を駆使し、見破る。その瞬間4人は、同時に考えていた「この4人ならもっとうまくやれる!」こうして前代未聞の華麗なGANGチームが結成された。4人は何度も完璧な計画で成功を収めてきていた。今日の狙いは港洋銀行。いつも通りの計画にミスはなく、大成功を収め、帰途に着いた4人の車に、突如現れた車が激突。車には覆面をかぶった4人組の強盗が……。彼らはあっさりと、現金を奪われてしまった。「計画が漏れていたのか? 裏切り者がいるのか?」強奪された現金を奪還するため、彼らは更なる奇抜な仕掛けを駆使した計画を実行に移すのだが……。

関連記事

  1. 重力ピエロ (2009) / A PIERROT

  2. Sweet Rain 死神の精度 (2008)

  3. CHiLDREN チルドレン (2006)

  4. ゴールデンスランバー (2010) / GOLDEN SLUMBER

  5. フィッシュストーリー (2009) / Fish Story

  6. アヒルと鴨のコインロッカー (2007) / The Coin Locker of Ducks

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。