嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsuko

ひとりの女性の波乱万丈の人生を描いた山田宗樹のベストセラー小説を、「下妻物語」の中島哲也監督が、中谷美紀主演で映画化。コメディアンやミュージシャンなど豪華な出演者たちにも注目。
監督:中島哲也
キャスト:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、宮藤官九郎、劇団ひとり、荒川良々ほか

・ amazon : 嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsuko
・ amazon prime : 嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsuko
・ Hulu : 嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsuko
・ UNEXT : 嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsuko
・ Youtube : 嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsuko

嫌われ松子の一生 (2006) / Memories of Matsukoのあらすじ

53才で殺害死体として発見された川尻松子(中谷美紀)の半生を、甥の笙(瑛太)がたどっていく。 福岡で生まれ、病弱な妹の久美(市川実日子)と育った少女時代を経て、松子は中学の教師となった。しかし、教え子の龍(伊勢谷友介)が起こした窃盗を庇ったことで退職、その後は実らぬ恋愛を繰り返しながら堕落していく。ようやく得た新たな仕事は、中州にある特殊浴場のサービス嬢だった。一念発起した松子は、努力と研究を重ねて店のトップへのぼりつめる。しかし、風俗業界の変化の波に追われて、雄琴の店へと移る。そこで同棲していた男の浮気を知った松子は、逆上して殺害してしまう。逃亡して上京した松子は理髪店を営む島津(荒川良々)と出会い、彼の優しさに触れて同棲を始める。ようやく得たささやかな幸福もつかの間、殺人事件を捜査していた警察に逮捕される松子。それから8年間の服役生活を支えたのは、島津へのひたむきな愛だった。刑期を終えた松子は島津の店へ向かうが、すでに彼は家庭を築いていた。落胆した松子を支えるのは、刑務所内で同じ囚人仲間だった沢村めぐみ(黒沢あすか)との友情だった。ストリッパーからAV女優となっためぐみは、夫を得てたくましく生きていた。そして松子が、いまではヤクザとなった教え子の龍と再会する。お互いにすがる相手のいない二人は激しく求めあうが、その関係も龍の逮捕によって断ち切れた。ひとりアパートに閉じこもるようになった松子は、アイドルの追っかけだけを楽しみに生きる。無残に肥満化した松子は、公園で不良中学生たちから撲殺されるが、死体から離れた松子の魂は故郷へと向かって飛翔する。そんな松子の人生は不幸だけではなかったのだろうと、甥の笙は安堵した。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。