さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye

『さよなら渓谷』(さよならけいこく)は、吉田修一による日本の小説を原作とする2013年の日本の映画。とある団地で起きた幼児殺害事件をきっかけに浮かび上がる、容疑者の隣人夫婦の意外な関係を官能的に描く。R15+に指定。主演は真木よう子。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が第60回ベルリン国際映画祭で上映されるなど海外からも注目されている大森立嗣。実の弟である大森南朋も夫婦の秘密を明らかにする週刊誌記者役で出演している。

 ・ amazon : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ amazon prime : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ Hulu : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ U-NEXT : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ dTV : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ GYAO : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ Google Play : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye
 ・ Youtube : さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbye

さよなら渓谷 (2013) / The Ravine of Goodbyeのあらすじ

都心からほど近い山間の景勝地の渓流で幼い男児の遺体が見つかり、間もなく男児の母親・立花里美が殺害容疑で逮捕される。事情聴取で黙秘を続けていた里美が、隣人の尾崎俊介と肉体関係があったと供述を始め、俊介の妻・かなこ(真木よう子)もそれを裏付ける証言をする。記者の渡辺一彦(大森南朋)は、事件を取材するうちに尾崎夫妻の暗い過去にたどり着く。尾崎は大学時代、野球部のエースとして将来を嘱望されていたが、夏休みのある日仲間らと共に集団レイプ事件を起こす。そんな過去を持つ尾崎に対し、なぜか完全に否定的な気持ちを持つことができない渡辺は、同僚の小林と共に事件の周辺を洗いなおす。そこで明らかになったのは、事件の被害者である水谷夏美が自殺未遂のあと行方不明になっている、という残酷すぎる事実だった。

すでに死亡しているのではないかという二人の予想とは裏腹に、男と歩いていたという目撃情報があがった。湧き上がる胸騒ぎを抑えることができない渡辺。二人が確認した事実はあまりにも衝撃的だった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パレード (2010) / Parade

  2. 横道世之介 (2013) / A Story of Yonosuke

  3. 悪人 (2010) / Villain

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。