クロスファイア (2000) / Pyrokinesis

宮部みゆきのミステリー・ファンタジー小説「クロスファイア」の映画化作品。
監督:金子修介
キャスト:矢田亜希子。伊藤英明、長澤まさみ、桃井かおり ほか

 ・ amazon : クロスファイア (2000) / Pyrokinesis
 ・ amazon prime : クロスファイア (2000) / Pyrokinesis
 ・ Hulu : クロスファイア (2000) / Pyrokinesis
 ・ UNEXT : クロスファイア (2000) / Pyrokinesis
 ・ Youtube : クロスファイア (2000) / Pyrokinesis

クロスファイア (2000) / Pyrokinesisのあらすじ

青木淳子(矢田亜希子)は、パイロキネシスを使う能力者の家系であり、母親から「あなたは怒ってはいけない、お友達の側に寄っちゃ駄目、その力を使っては駄目なの」と言われ続けて育った。そのため社会人になってからも他人と関わる事が出来ず、同僚からも陰口を言われる女性となってしまった。そんなとき、同僚の多田一樹(伊藤英明)と出会い、親交を深めていく。

しかし、彼女が得た束の間の幸せは、ゲーム感覚の女子高生轢殺事件を繰り返す不良少年グループに一樹の妹雪江が殺害されてから終わりを迎える。彼らは殺人を犯したにも拘らず、リーダー格の小暮昌樹(徳山秀典)の父親のコネと、証拠不十分だということで無罪放免となっていた。怒れる一樹は包丁を持って小暮を襲うが、淳子が制止し「小暮達は私が殺す」と宣言する。彼女は、面白半分で人を殺し、自らを「時代の英雄」とうそぶく小暮達に対して激しい「怒り」を覚えていたのだ。

やがて、淳子は自らに近づく対犯罪組織「ガーディアン」のメンバー木戸浩一(吉沢悠)の助けによって、犯人グループの少年達に容赦なき制裁を加える。生き残った小暮を追う淳子を、女子高生轢殺事件を捜査していた石津ちか子(桃井かおり)と牧原康明(原田龍二)が追う。少年時代に弟をパイロキネシス能力者の少女に殺された康明は、犯人がパイロキネシス能力の保持者であると見る。やがて「ガーディアン」の暗部が露呈され、事件は意外な結末へと収束していく。

関連記事

  1. 模倣犯 (2002) / Copycat Killer

  2. 理由 (2004) / The Motive

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。